自分のベストを尽くす事が最善である事は、どの世界でも言える事です。ただ、目標はもちろん高く持つべきですし、最低でもトップを狙って努力をするという気持ちだけは、忘れずにいつまでも持っておきたいところでしょう。向上心を持っていれば、人間はどこまでも進化をする事が出来ます。そう言った意味でも、是非ともトロフィーを受け取る事が出来る様な立場を目指して、自分を高めて行きたいところです。表彰台の上で栄光のトロフィーを手にしたときは、どんな大会であれ、非常に嬉しいものがあります。何の努力もしなければもちろんそう言った事にはならないので、今まで努力を重ねて来た自分を、そこで初めて褒める事が出来るでしょう。その場面を見る事になる周りにも、沢山の勇気を分ける事が出来ます。そう言った意味でも、表彰台に登る事は、非常に大きな価値がある事なのです。スポーツだけではなく、他の世界においても、一つの目標を決め、それに向かって日々努力を続ける事は、とても大事な事です。それを辞めなければ、最終的には必ず自分で納得出来る結果が待っているのです。徹底すれば何時の日か必ず、手元に輝くトロフィーを手に入れる事が出来る様になるでしょう。

表彰台でトロフィーを手にする事により報われる努力

人間が一つの事に向かって努力を続ける事には、非常に大きな意味があります。もちろんそれはどの時代でも同じ事で、特にそれはスポーツの世界などで確認する事が出来るでしょう。表彰台の上でトロフィーを受け取っているアスリートの姿を見ていると、どのような人でもこれから頑張って行こうと言う勇気を貰う事が出来る筈です。もちろん、一番嬉しいと感じているのは、実際にトロフィーを手にしている本人でしょう。最終目的地でもあり、聖域と言っても過言では無いその表彰台に登る事で、今までの自分の努力を正当化する事が出来ます。そう言った事を考えると、そこで選手達が見せる笑顔も涙も、とても自然な物と言う事が出来ます。人間は、何かしらの報われる物があれば、どんな困難も乗り越えて行く事が出来ると言えるでしょう。アスリート達にとって、それまでの努力が最高に報われる場所こそが、その表彰台の上なのです。なので、全ての選手がそこを目指して、日々懸命にトレーニングを続けています。この姿勢は、例えスポーツと縁が無いと言う人でも、見習うべきものです。人間の限界に挑戦するその向上心、鋼の様な精神力は、一般人にとっても、必要と言えるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*