喪中はがきを出すタイミング

毎年この時期になりますと、郵便局などで年賀状販売の広告をよく見かけます。それと同時に喪中はがきを用意する時期にもなってきました。今年になくなった人がいる家族は、11月入った頃から喪中はがきを出し始めます。それを受け取った側は、年賀状を出さないということでチェックします。チェックする側からしても早めに知らせてあげることが大切でありますが、年末の忙しい時期になくなってしまう方ももちろんいらっしゃいます。そういう方は年始が終わり、ゆっくり落ち着いてから遅くなりましたとはがきを出すといいでしょう。こういった場合は先に知らずに年賀状を出してしまっていますが、会う機会があれば一言言えるといいですね。言えない場合でもきにすることはないと思います。今はお店でも簡単につくってくれるので、忙しい時はぜひ利用したいです。

喪中はがきの行き違い

今年、我が家ではお正月にかけて喪中ハガキを出す側です。どうしても行き違いなどでハガキを出した矢先に喪中はがきが届いたなんてよくある事だと思いますがそのハガキを出して、あるいは受けて一年は引き受けれない。出しては失礼にあたると耳にします。このハガキを受けると知らない知らせですと相手側様のお悔やみが心に響きます。私も経験する一人です。ハガキひとつで暗黙のルールと言うか日本のしきたり。大事な知らせだと思います。出す方が多いので大変だけどよくある宛名書きはできるだけ直筆で届けたいです。やはりいただく側になっても直筆だとあたたかく感じます。今ではプリンターで機械任せになってしまってるけど直筆と機械の文字とはなんだか違いますね。今回ハガキを出すにも一人一人心込めてその方の事を思い浮かべながらの宛名書きにしたいと思います。

喪中はがきが来たら想い出を書き添え手紙を書きます

年末が近づくと、喪中はがきが届き始めたりします。そのような場合には、私はお返事を書くことにしています。生前お世話になったことや、思い出に残っていることなどを手紙に書いてお悔やみの言葉を添えて返信をしています。年賀状で新年の挨拶をすることができない分、その方とのつながりを大切にしたいのでそのような手紙を書くことをしております。約5年前から始めたことですが、そのような手紙を書いている私を見て、妻も喪中の葉書を頂いたときには同じような内容の手紙を書き始めました。そのような手紙を書くことが、ご遺族の方にとって良いことなのかどうか非常に迷いました。しかし、ある方からは非常に元気付けられてありがたかった、と言うような内容のお手紙をいただきました。おそらく今後も夫婦で可能な限り続けて行こうと思っております。