どんな人でも、一つの大会に参加する事になれば、もちろんそこでそれなりの結果を出したいと願っています。しかし、それは全ての人が叶えられる訳ではなく、一番努力をした人だけに、栄光が待っているのです。トロフィーを表彰台で授与されるという栄光を手にするには、それ相応の努力が間違いなく必要になって来ますが、それ相応の価値がそこには絶対に存在しているので、参加する全ての人は頂点を目指して頑張ってもらいたいところです。それがスポーツでも文学的なものでも関係ありません。それに向かって努力を続けると言う事に、とても大きな意味があるのです。トロフィーの大きさはそのまま、栄誉の大きさに直結する場合が多く、優勝者に贈られるものは、一人では持てないくらいに大きい場合があります。それを家に堂々と飾っておくだけで、今後何時でも自分のその栄光を確かめる事が出来る様になるでしょう。表彰台という、沢山の人達が見ている中で授与されると言う事にも、非常に大きな意味があると言えます。それによってそれを見た人も大きな触発をされ、今後の人生を勇気を持って突き進む事が出来る様になるでしょう。表彰台での授与を目指し、頑張っておきたいところです。

トロフィーを受け取る事になる表彰台と言う名の聖域

色々な競技がこの世には存在していますが、それに参加する人達が等しく目指している場所が、表彰台の上です。そこは参加者達にとっては聖域と言っても決して過言では無く、そこに登る事によって、今までの全ての事が報われる事になるのです。そして、そこでトロフィーを手にする事が出来たら尚の事、自分にさらなる大きな自信を植え付ける事が出来る様になるでしょう。表彰台は多くの場合、3人から4人程度しか登る事が出来ない様になっているので、その参加人数にもよりますが、基本的にはとても高い倍率となっています。もちろん、だからこそ目指しがいがある場所だとも言えますし、実際にそこに到達する事が出来た場合、この上ない最高の幸せを手にする事が出来るでしょう。トロフィーを手にする事は、競技者にとって最高の栄誉です。人間が一つの事に向かって努力し、邁進を続ける事は本当に素晴らしい事ですが、その証明こそがトロフィーの授与式だと言えるでしょう。それを目の当たりにした人は等しく、大きな勇気を貰う事が出来ます。表彰台で行われる授与式には、それだけの大きなパワーがあるのです。その栄光の聖域を求めて、今日も競技者は自分を高める努力を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*